FOODUARY

fooduary.jp



カテゴリ



最新記事



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【--/--/-- --:--】 カテゴリ:スポンサー広告
2011.3.19 緊急開催『渡辺俊美×Rudie企画 「東北地方太平洋沖地震救済イベント」』
3-19チャリティ-1


俊美さんとRudie(相模大野)のイベントが昨夜決まりました。

以下、今回のイベントに対して敏速に動き、開催に向けて尽力したRudieからのステイトメントです。


皆さんこんばんは!
まだまだ余震が続いていますが、大丈夫でしょうか?

今回の災害により被害にあった人達に何かできないか?
こんな声をまわりでたくさん聞きました。

そんな時、ミュージシャンの渡辺俊美さん(TOKOY No1. SOUL SET/THE ZOOT16)から「こんな状況で、何か出来ることはないかな?」ということを言われました。

そこで、僕たちはチャリティーイベントをやることにしました。

チャリティーって個人的には胡散臭くて信用出来ないのですが、渡辺俊美という人をRudieは信頼しています。
そんな渡辺俊美が音頭を取り、被災者達の力になれるなら、こんなに素晴らしいことはないと思います。

余震の影響もあり、直前まで開催出来るかわからないけど、僕たちはやります!
そしてやるからにはRudieらしく最高に楽しんでやりたいと思ってます♪

鉄道など交通マヒで、なかなか来るのが困難な人もいるでしょうが、出来る限りのご来場お待ちしています。

また、今回のイベントをやるにあたり、突然のオファーにもかかわらず快く出演を受けてくれたみんなとオルディネカフェに感謝です。


渡辺俊美×Rudie企画
「東北地方太平洋沖地震救済イベント」
3/19(土)
at.ORDINAIRE CAFE(相模大野)
http://www.ordinairecafe.com/

OPEN/START 18:00
Charge:Free
(チャージフリーですが、幾らでも構わないので当日募金をお願いします。)


Live

渡辺 俊美(TOKOY No1. SOUL SET/THE ZOOT16)


DJ

渡辺 俊美(TOKOY No1. SOUL SET/THE ZOOT16)
COM(Magic Love)
MICCYAN (FRANTIC BROWN BEAT!)
KAWANA
yonesuke-system
ステップナー
Ken Rudie

and more



渡辺 俊美プロフィール
http://www.t1ss.net/index2.html
http://www.jvcmusic.co.jp/thezoot16/

渡辺俊美の活動・表現は多岐に渡って拡がりを見せる。
独自のメロディとカラーを持つヴォーカルは各方面で定評があり、
スチャダラパー、かせきさいだぁ、クボタタケシ、TSUCHIE、RUB-A-DUB MARKET、2BACKKAなど多数の作品やライヴに参加している。

また、2000年以降ソウルセット活動休止中に並行してスタートさせたソロ活動は、SLY MONGOOSE、PE'Z、など新たな感覚を持つバンドとの交流を生み、その成果は2001年、渡辺俊美監修によるコンピレーション・アルバム[Redevelopment](KI/OON RECORDS)のリリースへと結実する。

そして、それらの活動から芽生えた音楽的好奇心を反映し試みる場として結成されたバンド、THE ZOOT16は、ロック、スカ、レゲエ、ダブ、ラテンと様々な音楽の要素と、哀愁漂うヴォーカルが融合したダイナミックかつ男気溢れるサウンドで、多くの若いリスナーの共感を呼び新たなファンを獲得、シングル、ミニ・アルバム、限定ライヴ・アルバムに続いて2004年11月に初のフル・アルバム[RIGHT OUT!]、そしてソウルセット活動再開後の2005年11月には2nd[MUTINY]、2006年7月に3rdアルバム[完全逆様な世界](全てZOOT SUNRISE SOUNDS)を立て続けにリリースし、絶賛を集め、勝手にしやがれコラボレーション企画、THE MODSトリビュート・アルバム、リコ・ロドリゲスとのセッション作品、スカ・フレイムスのレーベル"SUNSHOT"コンピレーション・アルバム[Down Beat Ruler Vol.1]への参加など精力的な活動で話題と注目を集めた。

さらに、渡辺俊美の知られざる一面のひとつであった無類のJAZZ好きが嵩じて2004年にスタートしたジャズ・コンピレーションCD[BRUSHING WORKS Inter Play]シリーズ(全4タイトル/VICTOR)はステレオタイプな世間一般のジャズ観やクラブ・ジャズ的観点とは趣を異にする選曲で、若いリスナーに新しいJAZZの楽しみ方を紐解くのに成功している。

【2011/03/16 10:09】 カテゴリ:from相模大野




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。